スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
長野の旅② -ジンギスカン編-〈長野〉
長野の旅① -あんずの里編-〈長野〉 の続き・・・


小さい頃、実家でよくジンギスカンを食べていた。


ジンギスカンといえば北海道だが
実は長野の信州新町(しんしゅうしんまち)もジンギスカンで有名。
北海道と並ぶジンギスカンのメッカなんだとか。
信州新町は実家から車で30分ぐらい山道を走ったところにある。
実家の近くにこんな場所があるなんて全然知らなかった!!!

ジンギスカン料理を味わえるのが、8店のジンギスカン料理専門店が
軒を連ねる「ジンギスカン街道」と呼ばれるところ。
国道19号線沿いの飲食店が、
おいしいジンギスカンメニューの提供を目的に団結したプロジェクト。

ジンギスカンには味付き肉を使うものと、
焼いたあとにタレ付けるものとがあるが、
私が実家で食べたジンギスカンはタレに漬け込んであるタイプ。
このタレの味が絶品!!! めちゃくちゃ旨い。

もう15年ぐらい食べていない。



食べたい・・・。




長野の実家に帰ったついでにその「信州新町」に行ってみた。

実家から車で30分ほどで信州新町に到着。


信州新町は私の母の実家や中学校が近くにある町。
母に昔からよく買うジンギスカンのお店を教えてもらった。
母は、高校生の頃、この信州新町のジンギスカン屋でアルバイトを
していたんだって!!! はじめて知った!!

(そりゃ、小さい頃よく食べていた訳だ! 納得!)


詳しくは・・・
ジンギスカン街道のご案内
信州新町はなぜジンギスカンなのか?
本州にもあったジンギスカンの町

20060515011330.jpg 20060515011345.jpg
■実家から車で30分ぐらいのところにある小さな町

20060427011143.jpg
■ジンギスカン街道の旗

20060514175622.jpg
■道の駅「信州新町」

20060427011215.jpg
■あった! むさしや食品の特製ジンギスカン(冷凍)



20060514175643.jpg
■自宅にて

20060514175700.jpg
■人形町に住んで初のホットプレート焼肉。ジュ~


タレが染み込んだ絶品の味。 この味だ!!!!!
むさしや食品のジンギスカンは10種類以上のスパイスをミックスした
独特のタレによって味付けがされている。
近年、東京などでジンギスカンブームだが、
この味は食べたことがない!!
どちらかといえば、豚の生姜焼きに近い。


嫁さんの感想は
「甘めだけど、色んな味が絡み合ってるよね。
これでご飯が何杯もいけそうだよ。お肉も柔らかくてとってもジューシー。」


激ウマなので是非!!!




タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
スポンサーサイト
【2006/05/15 20:55 】 | 長野 | コメント(0) | トラックバック(0)
長野の旅① -あんずの里編-〈長野〉
23日、私たちはレンタカーで長野に日帰り旅行に出かけた。

目的は、あんずの花。
私の実家がある長野県千曲市は、日本一のあんずの里として有名。
淡いピンク色で包まれる。


20060427010721.jpg



20060427010813.jpg 20060427010831.jpg
■マップを入手                 ■展望台を目指して歩くワクワク

 




20060427011837.jpg
■う? これが展望台・・・ (なぜ万国旗)


まいっか・・・


20060427011115.jpg
■一目10万本!!!

20060427012734.jpg
■山をバックに

20060427012923.jpg
■ピンク色が残ってた

20060427012955.jpg
■あんずソフトクリーム

「とってもさっぱり~甘酸っぱくていいね!ちょっとぉ、このコーンおいしいじゃん。」

▲あんずの里2006情報サイト
http://www.valley.ne.jp/~hanasai/anzu/index.html

▲あんずの里
http://www.valley.ne.jp/~kkanko/anzu1.htm

あんず


このあと、実家に戻り、
ジンギスカンで有名な"信州新町"に行った。

その模様は↓
長野の旅② -ジンギスカン編-〈長野〉
をクリック!



タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
【2006/04/23 14:09 】 | 長野 | コメント(0) | トラックバック(0)
長野の地場野菜 〈長野〉
私(夫)の実家の長野から野菜が送られてきた!
すべて長野県千曲市(ちくまし)の地場野菜。
「値段も見て~」と母。

とにかく安いと驚く嫁さん。
キノコ類は東京と同じ値段で3倍くらいの量が入っている。

20060329224612.jpg
■左から、水菜、雪菜、小松菜、えのき茸、やまびこしめじ、長芋、アスパラ


中でも嫁さんが特に興味をしめした2品を紹介。


長芋 ながいも  (写真中央)
千曲市のお隣の松代町は全国有数の長芋の産地。
ちなみに人気アコーディオン奏者cobaはここ松代出身。

千曲川河畔の砂地が長芋の生産に適していたそうで、
河畔一帯には長芋畑が広がっている。
土がやわらかいのでまっすぐ長く伸びるのも特徴だそうだ。

千切りにしてのりと醤油をかけただけで食べただけでも十分うまい。

「まったくくせが無くてみずみずしいね。さくさくとした歯ごたえがいい。」


雪菜 ゆきな  (写真左から2番目)
善光寺を中心とした北信地方で
雪の下でも育つ耐寒性のある品種として知られている。
おひたし、汁の実、浅漬けなどに用いる。

「初めて食べた!さっとゆでておひたしにすると、ほろ苦い味がするんだね。
この苦味がいいねぇ。」




sIMG_4307.jpg
■手前から長芋のステーキ、水菜のゴマ和え、アスパラのササミロール

という訳で夕食は千曲スペシャル。
料理の解説は作った嫁さんにバトンタッチ。

長芋のステーキ・・・厚めに切ってフライパンでソテー。
             仕上げにバター醤油で香り付け。
(外はカリカリ、中はほくほく。
 火を通した長芋は甘味が格段に増してまた違ったおいしさ。)
水菜のゴマ和え・・・軽くゆでて人参とゴマ和えに。
アスパラのササミロール・・・アスパラをささみで巻きコンソメベースの
                  タレをからめながらソテー
(ささみの中で蒸し焼きになったアスパラがとってもやわらかくて甘かった)

sIMG_4290.jpg sIMG_4317.jpg
■雪菜としめじのオイスターソース炒め  


雪菜としめじのオイスターソース炒め・・・
雪菜は茎がしっかりとしているのではじめに湯通し。
しめじとともにさっと火をとおしてオイスターソースで仕上げた。
(雪菜はおひたしの時とはまた違う味に。
特に茎の部分の甘さに感動。きっと油との相性が良いのだろう。

えのき茸とやまびこしめじからたっぷりのダシが出た
小松菜の味噌汁もほっとする味。




タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析

【2006/04/05 23:32 】 | 長野 | コメント(1) | トラックバック(0)
ぶらり長野の旅 〈長野県千曲市〉
あけましておめでとうございます。
20060104012113.jpg
本年もよろしくお願い申し上げます。




長野県千曲市に帰省

20060104005556.jpg 20060104005605.jpg
■長野に着くや否や一面、銀世界。 ひさしぶりに雪を見た。
 郵便局の屋根にツララがたっぷり。家の中でも息が白かった・・何℃? 
 うちの母が「家の中の方が冷蔵庫より温度低いっ」って言って生肉を
 放置していた。


20060104005519.jpg 20060104005543.jpg
■ここ千曲市稲荷山は、蔵の町で有名。 ↑井戸だ!古ッ!


20060104005709.jpg 20060104005717.jpg
■車で10分、近くの神社へ初詣に出かけた。

20060104005738.jpg 20060104005728.jpg
■様々な出店が立ち並ぶ。 信州では参拝みやげに飴を買う。


20060104005820.jpg 20060104005836.jpg
■千曲市八幡に鎮座する武水別神社
 「やわたの八幡さん」として近郷の人々に親しまれている。 
 毎年4万人以上の人々が二年参り、初詣に訪れるらしい。


20060104005756.jpg
■近くの温泉、杏泉閣へ。 冷えた体を温めるために訪れること2回。 
 徒歩5分。


20060104005915.jpg 20060104005901.jpg
■信州の漬け菜といえば野沢菜。 我が家の雑煮は、白菜とちくわが入ったしょうゆ味。

20060104005927.jpg
■信州に来たらやはり蕎麦。 地元の名店「一松亭」


20060104005957.jpg 20060104005942.jpg
■長野県はもともと小麦粉が取れづらかったため、
 そば粉の割合が多い。そのためそばの風味は他県より強いらしい。


信州手打ちそば処 一松亭 いっしょうてい
住所 長野県千曲市屋代2783
電話 0120-365-037
営業 11:00-22:00
定休日 水曜日
交通 国道18号屋代工業団地信号前




ということで、寒さに絶えながら食べてばかりの長野の旅だった。

でも、思ったより東京も寒い・・・。 
風邪をひかないように今年も頑張るぞ。




タベゴログを見たあとは人気blogランキングもどうぞ。banner_02.gif
アクセス解析
【2006/01/02 22:03 】 | 長野 | コメント(0) | トラックバック(0)
イッツ★スパイシー ~おいしい七味唐辛子の巻~  〈長野〉
我が家では七味唐辛子のことを「礒五郎(いそごろう)」という。

「ちょっとぉ~冷蔵庫から『礒五郎』持ってきてぇ」

こんな感じだ。

正式名称は「八幡屋礒五郎」という。
長野善光寺名物の七味唐辛子の銘店のことで
江戸浅草の「やげん堀本舗」、京都清水寺の「七味屋本舗」と並び、
七味の三大老舗に数えられている。
『根元 八幡屋礒五郎七味唐からし』の名で売られているのだが
あまりに長すぎるので、我が家では『礒五郎』と呼んでいるのだ。

「私が今まで食べてきた七味って何だったの?」

長野駅近くの蕎麦屋で彼女は目を丸くした。
長野出身の私は子供の頃から七味といったらコレだったのだが、
(というかこれ以外の七味に出会ったことが無かったのだ)
千葉っ子の妻にとってはこの礒五郎との出会いは衝撃的だったようだ。

「辛味は強いんだけど、この唐辛子自体にイイ味があるんだよね。
それに香りがたまらないよ。」


それからというものの、彼女もこの礒五郎の虜となった。
iso1.jpg

妻はたまに「礒五郎を楽しむ」メニューを作る。
豚汁、きんぴら・・・あくまで主役は礒五郎。
今日は「名古屋風(?)おでん」だった。

「豚バラのブロック肉が特売だったんだ。え?レシピ?
適当なんだけど、ダシに八丁味噌と砂糖、お酒を入れて、豚肉や大根、
タマゴとかを煮込むの。」


アツアツのみそ味のおでんに礒五郎はベストマッチ。
我が家には「中辛」「ゆず入り」「小辛」の3種類の礒五郎があり、
気分によって使い分けている。
めずらしいのは「小辛」。七味なのに赤くないのだ。
辛さが抑えられれいるぶん山椒が効いている。
山椒を買うなら礒五郎の「小辛」をお奨めしたい。

長野の善光寺の門前にある店に行ったことがあるが、
歴史を感じる趣のある店舗だ。
味や製法、パッケージは伝統を守り続ける一方で、
近年では「スノーボード」「携帯ストラップ」等の
オリジナルグッズの販売をして話題を集めているそうだ。
まさに七味界のニューウェーブ!

iso2.jpg   iso3.jpg

八幡屋礒五郎 大門店
■所在地:長野県長野市大門町83
■営業時間:朝9時~夕方6時30分
■定休日:第1・第3月曜日(原則として)

八幡屋礒五郎

タベゴログを見た後は、人気blogランキングもどうぞ→ banner_02.gif
アクセス解析
【2005/11/16 21:15 】 | 長野 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。