スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
軽井沢へドライブ 〈軽井沢〉
先週の話・・・
遅めの大型連休(といっても2日)をもらったので、
嫁さんの両親とともに軽井沢にドライブに。
道は空いていて人形町から車で2時間で到着。

20060515004458.jpg
■旧軽銀座 午前中は人もまばら

散策途中に「フランスベーカリー」に立ち寄る。
ここは旧軽銀座では言わずと知れた老舗のパン屋さん。
軽井沢の万平ホテルに滞在していたジョン・レノンが
オノヨーコとショーンと共に朝の散歩で立ち寄っては
必ず買っていったというフランスパンがある。
当時のままのレシピで焼かれたフランスパン。
トーストして食べたが、もっちりとした食感、
小麦の良い香りが口いっぱいに広がった。

20060515004514.jpg
■ション・レノンも愛したフランスベーカリーのフランスパン


ランチは義母の知り合いがオススメだという
蕎麦屋「川上庵」へ。

20060515005034.jpg 20060515010058.jpg
■旧軽井沢ロータリー内交番の目の前      ■黒を基調としたインテリア

正午前なのにほぼ満席。女性客や家族連れで賑わっている。
店内にはジャズが流れ、なんともお洒落。テラス席もある。

蕎麦以外の一品メニューも豊富で
モダンなそばダイニングレストランといった感じ。

20060515005950.jpg
■完熟冷やしトマト 600円

20060515004723.jpg
■天せいろ 1700円    海老が大きい

20060515004653.jpg
■クルミだれせいろ 1200円

厳選したそばの実をその日使う分だけ石臼でゆっくり自家製粉して
打つというそばは、細めでのど越しが良い。
つけダレはやや甘め。
クルミだれは、渋皮のほろ苦さが癖になりそうな味。

ちなみに川上庵は麻布と青山に支店があるそうだ。
信州産の焼酎、日本酒などこだわりの酒も揃えているという
きっとそちらも洒落た蕎麦ダイニングなのだろう。


午後は軽井沢・プリンスショッピングプラザに移動。
目的は国内第1号店となるプーマアウトレットストア。
嫁さんは無類のプーマ好きなのだ。

20060515010411.jpg
■軽井沢・プリンスショッピングプラザ 


帰りがけに、「プリン専門店 スイーツランベルセ」へ
全国でも珍しいプリンの専門店。
オーナーは八ヶ岳のアウトレットでレストランを経営していたのだが、
自家製の焼きプリンが大人気になってしまい、
軽井沢に移転し、プリン専門店としてオープンしたそうだ。

軽井沢・信州産の新鮮な厳選素材を使用しじっくり丁寧に仕上げ、
焼き上げたプリンはどれも大人気。

20060515005127.jpg 20060515005148.jpg
■かわいらしい一軒家の店舗       ■地元の厳選素材を使用した個性的なプリンがならぶ

ミルクティ、抹茶あずき、かぼちゃ、カスタード、
クレームブリュレ、黒ゴマ、いちごパフェ、生クリーム、ワイン、
ティラミス、焼きいも、モンブランなど種類がとても豊富。

20060515005456.jpg
■こだわりカスタード 480円 生クリームプリン 380円

こだわりカスタードは
ヨード卵光のタマゴとジャージー牛乳で焼き上げた濃厚なプリン。
生クリームプリンはまろやかでクリーミーナ味わい。
卵形のグラスにプリンを作りひっくり返して売られていた。
とてもユニーク。これもこだわりの焼加減で逆さにしても
落ちてこないプリントした程よい固さだ。
ちなみに“ランベルセ”はフランス語で「ひっくり返す」という意味で
一部のプリンやシフォンケーキをひっくり返して売っていることから
命名したのだそう。

容器はガラスや陶器で食べ終わったあとも小物として利用できる。
不要の容器は、\20~\40にて引き取ってもらえるそうだが・・・。



タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
スポンサーサイト
【2006/05/17 22:49 】 | 軽井沢 | コメント(0) | トラックバック(4)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。