スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
銀座「正泰苑」 〈銀座〉
私の誕生日祝いで大好物の焼肉屋へ。
予約なしでは入れないとまで噂され、知る人ぞ知る取材拒否の
人気焼肉店『正泰苑』の銀座店に行ってみた。

本店は町屋。芝大門にも支店があるが、
ここ銀座店ともに予約が取れないらしい!
恐る恐る電話で予約、9時10分からならOKとのこと。
日曜日だったので平日よりも比較的予約が取りやすかった。

20061030012318.jpg
■2階は「ちゃんこダイニング 若」

20061030012406.jpg
■店内は焼肉屋とは思えないようなお洒落な造り

20061030012437.jpg
■手前が「中ロース」、奥が「塩ハラミ」

20061030012502.jpg
■塩上カルビ(わさび醤油で食べる)

20061030012520.jpg
■上ロース(刺身用なので生でも食べられる)

20061030012535.jpg
■ハラミ(タレ)

20061030012549.jpg
■ジュー!

店内はお洒落でキレイ。
メニューを見ると1000円以下の値段が多く、まあまあリーズナブル。
生でも食べられる「上ロース」は絶品!
10秒ぐらいしか焼かず、殆どレアな状態で食べる。
肉の旨みがたっぷりでカルビより脂っぽくなく、さっぱりしている。
青ネギと一緒に食べるとさらに美味しい!

「上ロース」は電話予約しておくのがお薦め。


芸能人も良く来る店だそうだが、
本日、隣で食べていたのは、コーネリアス 小山田圭吾!!!
銀座のアップルストアでライブをしていたらしく、
焼肉を食べながら、フリッパーズギターの頃の話をしていた。
(耳がダンボ)


最高に美味しかった、また行きたい!


嫁さんの感想は
「値段はそれほど高くないのに、お肉の質が抜群にいいよね。
サイドメニューやデザートもおいしかったよ。内装のセンスもいいし、
体が焼肉臭くならなかったのもポイント高いな。」

と言っていた。


『関連ブログ』
銀座「正泰苑」オープン!
http://photogourmet.livedoor.biz/archives/19946926.html

正泰苑 銀座店
住所 東京都中央区銀座5-9-5 チアーズ銀座 9F
電話番号 03-6274-5003
営業時間 17:00~翌4:00(月~金)
      17:00~24:00(土・日・祝)
座席 60席(個室2室:2席~20席)

銀座CheersHP(正泰苑)
http://www.cheers-ginza.com/9f_syoutaien.html

正泰苑2

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
スポンサーサイト
【2006/10/29 17:04 】 | 銀座 | コメント(0) | トラックバック(3)
くぼさんのめんたいこ 〈人形町〉
開店情報!!!!!

といっても。。。。

先週の出来事だが。。。

『くぼさんのめんたいこ』という店が水天宮の交差点近くに出来た。

博多のおいしい辛子明太子だそうだ!!!


が・・・


検索しても出てこない・・!


初出店?


実は、まだ、外から眺めるだけで店内には入ってない。


気になるな~


20061025224329.jpg

20061025224353.jpg

20061025224209.jpg


くぼさんのめんたいこ

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
【2006/10/26 22:44 】 | 人形町 | コメント(1) | トラックバック(0)
HIGASHIYA 〈中目黒〉
健康診断を目黒で受け、その後、タクシーで中目黒にやってきた。
前から気になっていた中目黒の目黒川沿いにある和菓子屋『HIGASHIYA』へ。
HIGASHI-YAMA TOKYOを展開するシンプリシティ系列の店

ホームページ→ http://www.higashiya.com/

20061020234125.jpg
■目黒川沿い

20061020234145.jpg
■抹茶のブランマンジェ

20061020234207.jpg
■ひと口果子 (1箱6個入り)1523円

20061020234231.jpg
■餡をベースにした彩とりどり小さなお菓子

古代のお菓子は果実や木の実。その歴史を大切に組み込んで、
果実や木の実を使った上品なひと口サイズのお菓子を作り上げた。
(HIGASHIYA HPより)
ふ~ん、だから「菓子」ではなく「果子」なんだ。

20061020234248.jpg
■棗バター (干し棗・発酵バター・胡桃ロースト)


隠れ家的な店、明らかに和菓子屋の店構えではない。
店内は木を多用し、スタイリッシュでモダンな和という感じ。
1階がテイクアウト専門の和菓子屋で
2階がアルコールも出す茶房「HIGASHIYA SABO」
ブティックかギャラリーかという店内だが、
良く見ると小さな和菓子にが沢山置いてある。
カッコヨイ! やばいこの店!

テレビで見た細長い箱を買って家に戻ってきた。

めっちゃうまい!!
見た目は洋菓子っぽいが、食べてみるとたしかに和菓子!不思議だ!
甘さは控えめ。

嫁さんの感想は
「和の素材だけでなくバターやチーズ、バニラ、ココアといった
洋の素材も使っているからコーヒーにもよく合うね。ドライフルーツ好きの
私には“棗バター”が衝撃的だったな。ショコラのようにも見えて、
知らない人にプレゼントしたらきっとびっくりするよ。
ラッピングもオシャレ。」

と言っていた。


『関連ブログ』
<ほぼ週刊>あずきさんの和菓子のお散歩
HIGASHIYA 一口果子 ―目黒区青葉台
HIGASHIYA ひと口果子 棗バター
棗バターの<HIGASHIYA>


HIGASHIYA-SABO
住所 東京都目黒区青葉台1-13-12
電話 03-5428-1717 
定休日 火曜日 
営業時間 昼は12:00~20:00
     夜は20:00~3:00(夜はチャージがかかります)

ホームページ→ http://www.higashiya.com/

higashiya



チーズケーキの専門店「ヨハン」

HIGASHIYAの帰りにチーズケーキの専門店「ヨハン」へ。
商品は4種類のこだわりチーズケーキのみ。
チーズケーキファンにはあまりにも有名なお店。
定年退職された元同僚のおじいさまたちが作っている。
テイクアウトのみ。

ヨハンホームページ↓
http://www.cyber-coin.com/tenpo/johann.html

20061022213243.jpg 20061022213303.jpg
■駅から3分程、同じく目黒川沿い  ■1カット300円


嫁さんの感想は
「サイズは小さいのだけど、ぎゅ~っとチーズのおいしさが詰まっている。
濃厚だから一つでおなかいっぱいになるね。これぞまさにチーズケーキ。」

と言っていた。


ホームメイドチーズケーキ JOHANN(ヨハン)
住所 東京都目黒区区上目黒1-18-15 ロイヤルカミヤビル1F 
営業時間 10:00~18:30
定休日 無休(お盆・正月休業)
TEL 03-3793-3503

ヨハンホームページ↓
http://www.cyber-coin.com/tenpo/johann.html

ヨハン

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
【2006/10/20 23:58 】 | 中目黒 | コメント(0) | トラックバック(2)
【閉店】シチュー専門店 どんぐり 〈人形町〉
18日は嫁さんの誕生日。
嫁さんが以前から行ってみたいと言っていた、
シチュー専門店『どんぐり』へ。 

20061020004248.jpg
■人形町の交差点近く

20061020004307.jpg
■看板

20061020004321.jpg
■おしながき

20061020004401.jpg
■タンシチュー (ライス、小付、サラダ付)2500円


20061020004345.jpg
■ビーフシチュー (ライス、小付、サラダ付)2300円


不思議な名前の店『どんぐり』
ご夫婦で営まれているのか あったかい雰囲気のお店。
メニューはビーフシチュー、タンシチュー、ハヤシライス、
ロールキャベツの4種類のみとこだわりが感じられる。

誕生日ということでちょっとフンパツして
私はビーフシチュー、嫁さんはタンシチューをオーダー。

ビーフシチューはかなりの本格派!
肉と数種類の野菜が土鍋の中にゴロゴロ。
じっくり煮込んだ肉と野菜から出る旨みが、
期待を上回るおいしさ!
箸で裂けるほどトロトロの牛肉と
赤ワインの芳醇な香りのデミグラスソースも絶品!!
ご飯と合うねぇ~!


タンシチューを食べた嫁さんは
「やわらかい牛タンが3枚とボリュームたっぷり!デミグラスソースは
ほんのり苦味がきいて大人の味。濃すぎず最後まで飽きずに食べられたよ。
お店の感じもなんだか落ち着くしいいね。」



(閉店)シチュー専門店 どんぐり
住所 東京都中央区日本橋人形町3-12-11
電話 03-3661-8910
営業時間 昼 11:30~14:00 夜 17:30~20:00
休業日 土・日曜 祝日

どんぐり


タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析

【2006/10/18 22:45 】 | 人形町 | コメント(4) | トラックバック(0)
にんぎょうちょうの人形市 〈人形町〉
現在、人形町通りで「第一回にんぎょうちょうの人形市」が開催されている。

10月16日・17日・18日の3日間、浅草吉徳さんの協力を得て開催。
和、洋、アンティーク、人形教室の作品発表等の35店舗が立ち並ぶ。


20061018014711.jpg
■人形町の夏の風物詩「せともの市」と同じように大通りの両端に店が並ぶ

20061018014730.jpg

20061018014751.jpg

20061018014810.jpg

20061018014828.jpg



「せともの市」同様、なにも買わなかった。
18日が最終日なのでお早めにどうぞ。


第一回 にんぎょうちょうの人形市
開催日 10月16日(月)・17日(火)・18日(水)
場所 人形町商店街大通り
時間 10:00-21:00  雨天決行

詳細→http://www.ningyocho.or.jp/news/06_04_28.html

明華園

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
【2006/10/17 13:49 】 | 人形町 | コメント(2) | トラックバック(0)
らーめん処 萬佑 〈人形町〉
甘酒横丁の交差点のすぐそばのラーメン屋
『らーめん処 萬佑』へ行った。

駅から近く、平均的に美味しいので月に1回度は行く常連の店。
ブログに登場するのは今回が初めて。

以前から気になっていた「ドラゴン味噌」を食べてみた!

20061011235706.jpg
■人形町駅から徒歩1分

20061011235727.jpg
■店内はカウンターのみ。サラリーマンでいっぱいだ

20061011235747.jpg
■「ハマル辛さ!ドラゴン味噌」

20061011235803.jpg
■ドラゴン味噌 780円

20061011235845.jpg
■ネギ+ニラ+ネギ+ニラ。。。。。

20061011235903.jpg
■中から麺が出てきた

遅い時間なのになぜか満員なラーメン屋「萬佑」
味噌ラーメンが名物らしい、そして毎回必ずもらえるのが餃子無料券。

私は「ドラゴン味噌」、嫁さんは普通の味噌をオーダー。

一面、緑・・・

すんごい量のネギとニラ。。。

食べても食べても「ニラ」臭い。

味噌と混ぜて食べることで辛さがプラスされる。
咳き込むほど辛い・・・

ネギとニラを掘り下げると麺が登場。
やや太めで縮れた麺は適度にスープを絡んむ。

強烈な個性をもったラーメン。勇気がある人はどうぞ。

嫁さんは
「このお店はいつも開いているから助かってますわ。
私はつけ麺と塩ラーメンが結構お気に入りかな。
行く度に期間限定(?)ラーメンがあって楽しいね。」

と言っていた。


らーめん処 萬佑
住所 東京都中央区日本橋人形町2-4-10
電話 03-3666-5437
定休日 年中無休
営業時間 11:00-0:00

萬佑

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif
【2006/10/11 21:03 】 | 人形町 | コメント(7) | トラックバック(2)
ららぽーと 豊洲 〈豊洲〉
日曜日、10月5日に豊洲にオープンしたばかりの
『ららぽーと豊洲』に行ってみた。

20061009000130.jpg
■豊洲駅から徒歩3分ほど

20061009000153.jpg
■中は、こんな感じ(3階から) 日曜日ということもあり凄い人

20061009000209.jpg
■飯を食べるにはどこも大行列・・

20061009000337.jpg
■噂の『キッザニア東京』 HP→ http://www.kidzania.jp/
キッザニアは、こどもたちがなりたい仕事にチャレンジできる。
仕事は、消防士、キャビンアテンダント、モデル、医者など70種類以上。


20061009000403.jpg
■ん、だれ? 『navy&ivory』という人たちのライブ

20061009000445.jpg
■『ドッグラン』

20061009000923.jpg
■韓国スンドゥブ「ポジャンマチャ」

20061009001506.jpg


20061009001559.jpg
■豚肉と野菜スンドゥブチゲセット 950円


豊洲駅から徒歩で「ららぽーと」へ。
めちゃくちゃ混んでる・・・広い・・・。
ショップ、レストランが約190店舗も入っている。
施設全体が大きな街になっているような感じ、なんでも四隻の船を
モチーフにした建築らしい。 少し錦糸町オリナスに似ている?
(嫁さん曰くオリナスは船橋のららぽーとに似ているらしい。と、いうことは...。)
外には以前この地にあった石川島播磨重工業の造船ドックの一部が
残されていたりする。

お腹が空いたので
私たちは、嫁さんがテレビで見て美味しそうだったという
韓国スンドゥブ『ポジャンマチャ』へ。

国内産大豆と天然のにがりを使用した手作りできたての
特製「純豆腐(スンドゥブ)」の入った、韓国の家庭料理店。
L.Aで大人気のスンドゥブチゲ専門店なんだとか。
チゲ、トッポギ、ピビンバ、パッピンズという韓国風かき氷もある。


私は「豚肉と野菜」スンドゥブチゲセットをオーダー。
辛さを普通、ちょい辛、激辛の三段階選べる、普通を選択。
しかし辛い!!体の芯から熱くなる!!
シンプルだけど野菜もたっぷりで美味しいチゲ。
定番のキムチやナムル、韓国海苔もうまい!
これからの季節はたまらん~!


「かぼちゃとさつまいも」スンドゥブチゲを食べた、嫁さんの感想は
「かぼちゃとさつまいもが辛さを和らげてくれるから、
辛いのが苦手な人にはオススメだね。
ご飯をスープにつけながら食べると絶品だぁ~」

と言っていた。

他には「牛スジときのこ」「海鮮」など。
チャイルドメニューにプルコギセットなどもある。



詳しくは
オフィシャルHPで http://toyosu.lalaport.jp/

ららぽーと豊洲 LaLaport TOYOSU
住所 東京都江東区豊洲2-4-9
交通 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅より徒歩3分 ゆりかもめ「豊洲」駅より徒歩3分

ららぽーと豊洲

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif
【2006/10/08 20:07 】 | 豊洲 | コメント(5) | トラックバック(2)
ネスパのコロペット  〈人形町〉
平日の夫婦ランチ巡り。
今日は世界中でココにしかない『コロペット』を食べるため
「ネスパ」という洋食店に行った。 (大阪にもある)

20060923192553.jpg
■日本橋小学校と東京穀物商品取引所の間

大阪で1949年創業の老舗洋食店。 東京に支店を出したのは
2000年頃らしい。
「TVチャンピオン」「どっちの料理ショー」「魔法のレストラン」
などマスコミにも登場している。

20060923192627.jpg


20060923192646.jpg


20060923192754.jpg
■ヘルシーコロペット 980円(ライス、スープ付き)

20060923192818.jpg
■アンチョビとたらこのスパゲティー 840円

20060923192900.jpg
■コロペットの中身、白身魚


「ネスパ」の名物料理『コロペット』はエバミルクで作った白ソースを肉類で包み、パン粉で揚げた「クリームコロッケと薄いカツレツ」が
合体したようなもので、登録商標料理らしい。

牛肉コロペット、海老コロペット、豚肉コロペット、鶏肉コロペットと
具を選べる。「盛り合わせコロペット」は、この中からふたつを
選んで1100円。



私は二日酔いのため、、、
揚げ物系は拒否・・

軽めにアンチョビとたらこのスパゲティーをオーダー。
意外とモチモチしていて美味しい!!

ヘルシーコロペットの白身魚とカマンベールをオーダーした嫁さんは
「ゴロっとした具が入っている分、食べた感じはクリームコロッケよりライトかな。
しっかり味がついているから何もつけずに食べられるのねぇ。
衣はさっくさくで中はとろん。懐かしいような新しいような・・・」

と言っていた。



洋食 ネスパ
住所 東京都中央区日本橋人形町1-1-22
電話 03-5640-1011
営業時間 11:00~15:00/17:00~22:00
定休 日曜日

ホームページ http://www.colopet.jp/

ネスパ

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif
【2006/10/04 22:30 】 | 人形町 | コメント(2) | トラックバック(1)
サダハル・アオキ 〈有楽町〉
私たちは、有楽町へ買い物にやって来た。

目的は、『無印良品』

しかし・・・

嫁さんがケーキを食べたいとダダをこねている・・・

私は、携帯で得意の検索をココロミタ・・・


『サダハル・アオキ』・・・? 『パリで行列』・・・?


知らなかったが近いので行ってみることに。


20061001213730.jpg
■パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店

有楽町駅を背にして、東京国際フォーラムとビックカメラの間の通りを
皇居方面を進む。

恐る恐る店の前を通る・・・

すると・・

カッコイイ店!!!

おおおぉ!! 当たりかも!!

(私たちは、この時点でまだ有名店と気付いていない)

店内に入る。
ケーキ屋というより高級ブランドショップのような店内、
綺麗なケーキが宝石のようにガラスのショーケースに並んでいてる。
ケーキは600円~700円、飲み物も730円~とやや高めで
クッキーも一枚210円とかなり高級。

混んでいるので名前を告げ順番待ちすることに。


20061001213754.jpg
■ケーキが並ぶショーケース

20061001213809.jpg
■奥がイートイン

サダハル・アオキ・パリは、パリで行列のできる店として有名で
2005年3月、有楽町の新国際ビルディングの1階に東京店がオープン。

パリのトップ・パティスリー「patisserie Sadaharu AOKI paris」を
2001年パリ六区にオープンして以来、フランスの伝統とパティシエ
青木定治の新進的な感性が生み出すパティスリーが地元パリッ子
をはじめ、モード界でも評判。 本場の技術が創り出す、フランスと
和のマリアージュにも注目。
今や、まぎれもなくフランスで最も期待されているパティシエの一人。
元TBSアナウンサー雨宮塔子さんのご主人としても知られている。


20061001213830.jpg
■トリオ 700円

20061001213843.jpg
■カシスィエ  700円
 
20061001213901.jpg
■ケーキをフォークとナイフで

私はキレイな色の「カシスィエ」をオーダー。
カシスムースとチョコスポンジ、キャラメルが絡まりあって美味しい。
ベリー系の果肉が入っていて酸味がある。
甘ずっぱ濃厚なので、甘さ控えめが好きな人は好みは結構別れるかも。
アーモンドパウダーが入ったサックリした生地など
色々な食感が楽しめるところも魅力的。

「トリオ」をオーダーした嫁さんは
「下からダクワーズ・チョコクリーム・ホワイトチョコクリームの三層、
チョコクリームの層にはアプリコットのコンフィチュールが。
それぞれの間は薄いチョコレート。甘めだけれども
コンフィチュールの酸味がアクセントになっているよ。
パリパリ、サクサク、ふわふわ、色んな食感があって面白い!いやぁ~感動。」

と言っていた。



パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店
住所 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1階
電話 03-5293-2800
営業時間 11:00 - 21:00 イートイン可能
定休 不定休
有楽町線 有楽町駅 A3番出口より徒歩1分
オフィシャルサイト http://www.sadaharuaoki.com/


『関連ブログ』
丸の内に行きました@サダハルアオキ(ベーグルと美容とモモジュース) 
http://yaplog.jp/momojuice/archive/329
Sweet Memory http://dhoncholec.exblog.jp/i28
甘甘狂い http://amaguru.net/archives/06/cat31/index.php


サダハル・アオキ

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif
【2006/10/01 21:39 】 | 有楽町 | コメント(2) | トラックバック(2)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。