スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
千疋屋&プラネタリウム 〈日本橋〉
最近、日本橋が熱いということで
日本橋再生事業の一環として12月15日から期間限定でオープン中の
日本橋HD DVDプラネタリウム「HOKUSAI~北斎の宇宙」を観に行った。

20061226010101.jpg
■夜の三井本館(左)と日本橋三井タワー(右)


とりあえず、お腹が空いたので日本橋三井タワーの
「千疋屋フルーツパーラー」へマンゴ-カレーを食べに行く。

日本橋三井タワーHP→http://www.mitsuitower.jp/


20061226010117.jpg
■千疋屋 フルーツパーラー&レストラン 2F

20061226010140.jpg


20061226010209.jpg
■スパイシーココナッツカレー 1575円 (私)

20061226010240.jpg
■スペシャルマンゴーカレーライス 1260円 (嫁)

20061226010306.jpg
■デザートのフルーツポンチ


営業時間ギリギリで入店。
嫁さんは人気のマンゴ-カレーを、私はスパイシーココナッツカレーを注文。


スパイスカレーは、ライスの上にグリルしたチキンと半熟卵がのっている。
カレーのルーは、とても辛くエスニック。コリアンダーや香草が
入っていて、まるでタイのレッドカレーのよう。
ココナッツミルクのほのかな甘みを感じるものの、
汗ダクになるほど激辛だった。

付け合わせは、福神漬けではなく、
マンゴーピューレとピクルスのみじん切り。
カレーと混ぜて食べるとマイルドになり美味しい。


マンゴーカレーを食べた嫁さんは、
「マンゴーが主張しすぎず、
そのフルーティーな甘味がカレーに活きていると言ったらいいかしらね。
実はもっとマンゴーマンゴーしているのかと思っていたんだな。
(「酢豚にパイナップル」とは違かった。)
お肉もやわらかくてとってもおいしかったよ。
ジューシーでのど越しのいいカレーって感じ。」

と言っていた。



千疋屋
フルーツパーラー&レストラン
住所 東京都中央区日本橋室町2-1-1
営業時間 月~土 11:00~22:00
日・祝 11:00~21:00
定休日 無
電話番号 03-3241-1414

日本橋三井タワーHP→http://www.mitsuitower.jp/

千疋屋





カレーを食べ、いざプラネタリウムのある三井第三別館の跡地へ向かう。


嫁さんはプラネタリウム初体験! 
私は田舎育ちなもので小学校の頃からなぜかよく行っていた・・。
(田舎はプラネタリウムが多いのかなぁ?)


20061226010357.jpg



日本橋HD DVDプラネタリウム「HOKUSAI~北斎の宇宙」

伝統を残しながら新しい街づくりが進む日本橋。
日本橋再生計画2006-2007の目玉のひとつが
この"日本橋HD DVDプラネタリウム"
場所は、日本橋の真ん中、三井第三別館の跡地(マンダリンホテルの向かい)

プラネタリウムクリエイター・大平貴之が作りあげた、
500万個の星を投影する世界最高峰のプラネタリウム・メガスターⅡ。
「HOKUSAI~北斎の宇宙」を演出するのは、
違いのわかる男、演出家 宮本亜門。 声の出演は、北斎役に、
名優・緒形拳。その他、俳優・佐藤隆太、佐藤江梨子。


詳しくは→http://www.tfm.co.jp/star/


20061226010415.jpg
■奥のドームがプラネタリウム。手前は『ネオ屋台村』

20061226010431.jpg
■入場待ち


直径18m・360度のドームスクリーンに、星空や北斎の絵画が展開。
内容は、現代に生きる無気力な「男」(声:佐藤隆太)が
江戸時代にタイムスリップし、北斎(声:緒形拳)と出会い、
いつの間にか改心し現代に戻るというストーリー。

結論から言うと、40点~60点ぐらい・・かなぁ~。
星を見せるのか北斎を見せるのか、どっちかハッキリしてくれと
両方中途半端・・。 中身のストーリーに集中できなかった。
しかし、肝心のストーリーがショボイ。演出も本当に宮本亜門?って感じ。



初めてプラネタリウムを見た嫁さんの感想は
「映像は確かにきれいだったけれど、星空をもう少し見たかったかな。
構造上の問題なのか所々セリフが聞き取りにくかったのが残念。
招待券をいただいたのでまぁ良しとしましょう。
次は最高峰のプラネタリウムを体感できるのかな・・・。」

と言っていた。


1月からは「星空の贈り物」という世界中の四季の星座を巡りながら、
満天の星とヒーリングサウンドを堪能できるプログラム。
これは期待できそう。


日本橋HD DVDプラネタリウム
開催期間 2006年12月15日~2007年6月30日

詳しくは→http://www.tfm.co.jp/star/


プラネタリウム

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
スポンサーサイト
【2006/12/24 01:04 】 | 日本橋 | コメント(2) | トラックバック(1)
らーめん大喜 〈湯島〉
またまたラーメンの旅・・。
日比谷線の仲御徒町駅で下車し、
千代田線湯島駅近くの「大喜」というラーメン屋へ。
私は2回目で、嫁さんは初「大喜」。

このラーメン店は、
史上最大!全国民が選ぶ美味しいラーメン屋さん列島最新ベスト99」
という番組で第1位なりブレイクしたラーメン屋。
ラーメンランキングの常連で、人気絶頂時は数百人が
並ぶことさえあった名店中の名店!!


20061223002139.jpg
■天神下交差点すぐ、春日通り沿い

20061223002208.jpg
■行列は5人ぐらい、15分ぐらいで店内へ

20061223002228.jpg
■おしながき

20061223002249.jpg
■らーめん 680円 +味付けたまご100円(たまご付いてた・・)

20061223002309.jpg
■うめしおらーめん 780円

20061223002335.jpg
■チャーシュー、ノリ、カイワレ大根、メンマ、ネギ、味玉子


夕方6時ぐらいに行ったのだが、行列も少なくすぐ入店できた。
私は、シンプルにしょうゆ味の「らーめん」+「味付けたまご」
嫁さんは、人気の定番メニューしお味の「うめしおらーめん」をオーダー。

私は、お腹が空いていたので「味付けたまご」をトッピング。
しかし、最初からタマゴの半分が入っていた為、タマゴだらけに・・。
思わず爆笑してしまった。

盛り付けからして美味しそうなラーメン。(奇妙なタマゴたちを除くと)

スープは、化学調味料を使わずに、アジ節や宗田カツオ節、
マイワシの煮干などで作る魚介スープに、比内地鶏から取ったスープを
合わせているらしい。
和風のダシが効いてさっぱり!ウマイ!!
麺は、スープとの相性抜群の自家製の細麺。
チャーシューは、少なく見えたが意外とボリュームあって美味しかった。
スープ、麺、具、すべてがハイレベル!
いやぁ~完成度の高い極上ラーメン!!
珍しくスープを全部飲みきることが出来た。



嫁さんの感想は、
「すっきりとしたスープに梅干が加わってとてもさわやか。上品。
最後まで飽きずに食べられたよ。無類の梅好きの私個人的には、
もっと梅の味がしてもいいかな・・・という感じ。」

と言っていた。


他にもみそらーめん、坦々麺と色々なメニューがある。
次は味噌を食べにまた行きたい。


らーめん天神下 大喜 
住所 東京都文京区湯島3-47-2
電話 03-3834-0348
定休 日曜日
営業 11:00~15:00 17:30~21:00
 
ぐるなび http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g532700n.htm

大喜

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
【2006/12/22 22:23 】 | 湯島 | コメント(0) | トラックバック(0)
天婦羅 まるじゅう 〈人形町〉
土曜日、蛎殻町の新大橋通り沿いにある天婦羅まるじゅうへ。
よく通りかかっていたが、入るのは今回がはじめて。

20061218002734.jpg
■新大橋通り沿い

20061218002718.jpg
■大きな看板

20061218002747.jpg
■チェーン店価格

20061218002804.jpg
■えび天定食 800円

20061218002822.jpg
■天ぷら定食 600円 (イカは天つゆの中・・・)

20061218002815.jpg


新大橋通り沿い、水天宮の交差点から日本橋方面に歩く。
カウンターだけで12席くらいの小さな天ぷら店。
店名の「まるじゅう」とは、芋天のこと。(シイタケは間違えでした)

野菜天定食600円、天丼550円、天ぷら定食600円、
えび天丼とえび天定食は800円、単品は100円からとリーズナブル。

私はえび天定食800円をオーダー。
海老×3本、シイタケ、春菊、ご飯、味噌汁。
天つゆは最初からおろしが入った少し甘め。
海老はプリプリで衣もカリカリ。なかなか値段の割りに美味しい!
シイタケも甘味があってうまい。
春菊は油を吸っていて少し胃がモタレタ・・・。(不味くはないけど)

ご飯に味噌汁もついて800円。
この値段でこれだけ食べられれば満足満足。


天ぷら定食を食べた嫁さんは
「揚げたてでこの値段は嬉しいことです。お一人様も多かったね。
海老、イカ、キス、のり、春菊。かぼちゃなどの野菜天が好きな私は
野菜天ぷら定食を頼むべきだった・・・と後悔。」

と言っていた。



まるじゅう
住所 東京都中央区日本橋蛎殼町1丁目17-2
電話 03-5847-0010

まるじゅう2

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析

【2006/12/16 22:28 】 | 人形町 | コメント(5) | トラックバック(2)
わかい 〈人形町〉
平日の昼にラーメンを食べに行ってきた。
以前から気になっていた「わかい」という店。
昔ながらラーメンが食べられるとあって
昼時は行列ができているこの界隈では有名店。

20061211004208.jpg
■大きなビルとビルの間にある

20061211004044.jpg
■店はサラリーマンや常連客でいっぱい

20061211004129.jpg
■塩らーめん 650円 (嫁)

20061211004116.jpg
■醤油らーめん 650円 (私)

20061211004103.jpg
■澄んだスープにネギと茎ワカメが浮かぶ


客はほとんどが常連で8割が「味噌らーめん」を注文。

そんな中、私は「醤油」、嫁さんは「塩」・・・

しかも「塩らーめん」は店のメニューになく
おばちゃんが「塩らーめんもあるよ~」
と言っていたのを聞いて慌てて頼んだのだ。
(そこまで・塩ですか・・・)


周りで食べている客の味噌らーめんを見てみると
確かに美味しそう・・・


「醤油らーめん」は以外と美味しい!!
昔ながらのあっさり系醤油スープともちもちした中太ちぢれの麺が
スープと良く絡んで最高のバランス!
この麺はいいな~!超うまい!
茎ワカメもアクセントが効いていていい感じ。
いや~最高!間違いなく旨い!
人形町界隈のラーメン屋ランキング、上位にノミネートされた。


またまた、塩ラーメンを食べた嫁さんは、
「澄み切ったスープの見た目とは裏腹にとっても深い味。
スープと麺の相性も抜群だね。
ありそうでなかなかなかった茎ワカメのトッピングも嬉しいな。
さっぱり食べられる一杯。」

と言っていた



野菜がたっぷり入った「味噌らーめん」も美味しそうだった。
次は「味噌」!

『関連ブログ』
わかい@人形町
http://genzou2.blog43.fc2.com/blog-entry-15.html

わかい@東京都中央区・人形町
http://raumen.nengu.jp/wakaing.htm



わかい
住所 東京都中央区日本橋堀留町1-7-16
TEL 03-3661-3661

わかい2

タベゴログを見たあとはランキングもどうぞ。banner_02.gif

アクセス解析
【2006/12/08 14:16 】 | 人形町 | コメント(0) | トラックバック(3)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。